Dの鳥篭
(c) since 2006.04 , D'cell - All rights reserved.
profile

doubt

Author:doubt
class;a resident D'cell
age;20~25
sex;man

calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

new tips

最新記事

new comments

最新コメント

site map

サイトマップ

D's career

月間アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

mail to D

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人Dにメール

search in weblog

ブログ内検索

variety corner



バラエティコーナー

links

このブログをリンクに追加する

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
悪寒は偉大@J
 早く目が覚めてしまい、
白クマOLさんのブログを見て更新。

 良く、体調不良で病院に行ける方がいるが、羨ましい。
自分は医者が嫌いだという訳ではないのだが、兎に角、
病院自体が嫌いなのである。

 母親が看護婦だった。
その為、物心ついた時には次の様な非常に難しい、
高等な方程式を優に理解する事ができた。
















 病院=おかん=看護婦≒お笑い芸人←本職?
             ll             ↑
       骨まで届く突っ込み=仕事以上の才能















 

 おかげで何度か唯の風邪で死に掛けました。










 肺に白い影が映りました。














 喉がヒューヒュー鳴りました。



 自分の場合、
風邪で倒れて病院へ連れて行かれ、
待合室であらかじめ体温計を渡されます。
 図り終わった体温計を渡すと
大体の場合、突っ込みらしからぬ

ウエェ!?"

見たいなリアクションが見られるのだが、

 私の方こそ、
そのリアクションに

ウエェ!? である。

スポンサーサイト
TOP
この記事に対するコメント

職場が病院のせいか、体調悪い時にはすぐにかかって・・・とならないんですねw
内部情報をよく知っているせいかここではかかりたくないな・・とかおもってみたりw
【2006/09/14 21:40】 URL | 記号士 #- [ 編集]


俺。ちっさいときにすんごい腹痛くなって、死にそうになって、もうダメだと思ったとき、近くの病院で看護婦さんにケツに薬つっこまれて一命を取り留めた。
なんかうれしかった(´・ω・`)
【2006/09/14 22:38】 URL | 隆(リュウ) #VIMZOP/g [ 編集]


Dさん、遅くなりましたが、コメントありがとうございました(^o^)/

わたしもほぼ同じようなことを白クマOLさんのところに書いてきたところでした(^_^;)
倒れるまで行かないタイプ。→さらに金がかかる子
です<emoji:taraaa>

ちなみにうちのおかんも看護婦さんみたいに偉くないけど病院勤めです~(≧▽≦)
【2006/09/14 23:57】 URL | プリン #- [ 編集]


私はちょっとしたことですぐに病院に行くんですが、最近医療関係者ほど病院に行きたがらないことに気づきましたΣ( ̄口 ̄)
肺に白い影は危なかったですね~。
Dさんの健康を心よりお祈りいたします。
【2006/09/15 15:24】 URL | 白クマOL #- [ 編集]


はじめまして!
コメントありがとうございました。

私は結構頑丈なほうなので病院にお世話になったことは無いですww
方程式、複雑ですね。。。
いつか私にも理解できる日が来るのだろうか(ぇ
【2006/09/15 17:59】 URL | あきら #dvQckJnQ [ 編集]

to;記号士
 内部情報を知るがゆえ、、、
実は危険な場所だったんですね!?
 美人Eロナースがいたり
 変体薬剤師がいたり
なんてデンジャラスナ場所なんだ!
【2006/09/15 21:41】 URL | D #yl2HcnkM [ 編集]

to;隆
 覚えているかい?
まだ君が小さかった頃、
そう、まだままんのおっぱいを
もらっていた頃の事だよ。
 おしゃぶりでお尻に
蓋をされていたんだお
【2006/09/15 21:44】 URL | D #yl2HcnkM [ 編集]

to;プリン
 そうですね、
結果的に手間は掛からなくても、
お金がかかる子だったのかもしれません。

 プリンさんのお母さんも
看護婦だったのですね、
意外に結構多いものですよね。
 でも、どうせなら医者の息子として
生まれたかったって言う、
そんな正直な気持ちはプリンさんも
お持ちでしょうか?
【2006/09/15 21:48】 URL | D #yl2HcnkM [ 編集]

to;白クマ
 危なかったです。
脳炎起こし掛けてたこともあったそうです。
耳から汁が出てきたこともありました。
 
 っ返して!僕の脳みそ返して!ハァハァ

リカバリして顔文字が出ない罠でした。


 病院関係者が自身が観てもらう場合
勤め先を避ける傾向があるのは知っています。

 
【2006/09/15 21:53】 URL | D #yl2HcnkM [ 編集]

to;あきら
 健康が一番です。

 多少、頭が弱い子であっても。

 ちょっぴり痛いこであろうとも。

 自分はどちらかと言えば病弱です。




 関係ありませんが、
ゴミ箱に全力でゴミを投げた後は
腕や肩が痛いです。
 私は痛い子じゃないです。
【2006/09/15 21:56】 URL | D #yl2HcnkM [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。