Dの鳥篭
(c) since 2006.04 , D'cell - All rights reserved.
profile

doubt

Author:doubt
class;a resident D'cell
age;20~25
sex;man

calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

new tips

最新記事

new comments

最新コメント

site map

サイトマップ

D's career

月間アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

mail to D

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人Dにメール

search in weblog

ブログ内検索

variety corner



バラエティコーナー

links

このブログをリンクに追加する

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
メガネ屋にてdiary.ver
 彼女とメガネ屋に行ってきた。


 私自身の視力は、悪くは無いが、決して良くも無い。
しかし、どちらかと言えば、良いのだ。なんとも中途半端である。
ハッキリしてい無い物事は苦手である。

 そんな私の目は、色弱であるらしく、
「赤色と茶色の区別が付いてい無い」との事。
とは言え、当の本人である私自身は其れを認めていない。
 むしろ、「色弱では無い」と思っている。




 ただ、私にとって、

「その色は赤」なのである。

 そして、私にとって、

「この色が茶」なのである。

 それだけの事なのである。




 皆さんは、ある2色の色を見せられて、
順にその二つは何色なのか?そう、問われたことは無いだろうか?

 私は問われた。
目の前に限りなく黄緑色に近い緑、そして限りなく緑に近い黄緑の
二枚のカードを目の前に差し出され。「何色に見えますか?」と。
 

無論、白と黒を見せられれば、白と黒、そう答えるだろう。
 

 私は悩んだ。
向かって左のカード、限りなく黄緑色に近い緑のカード、
これは緑なのか?黄色なのか?どっちだ、ハッキリしない。
向かって右のカード、限りなく緑色に近い黄緑のカード、
これは黄色なのか?緑なのか?どっちだ、ハッキリしない。


 しばらく悩んだ。


 私は答えた。
左のカードを指し「微妙な緑。」と
右のカードを差し「微妙な黄緑。」と


 しばらくして、また二つのカードをもって来た。


 そしてまた私の目の前に二枚のカードが並んだ。
微妙な茶色と微妙な赤の二枚だ。そしてまた私は問われた。

 私は答えた
「こっちが好き」と。


 髪の毛の一つ許さないだろう反応で横にいた彼女が私の頭を叩いた。
そして店員の苦笑いを確認して店を出て家路に着いた。



---------------------------------------------------------------
 以上が、周りから見た私の一日である。
しかしながら、其れと同時に、進んでいた物語があった。
---------------------------------------------------------------





彼女とメガネ屋に行ってきた。



 私自身、趣味としては、メガネ嫌いではないが、決して好きでもない。
しかしどらかと言えば。好きなのだ。なんとも中途半端である。
ハッキリしないのは苦手ではあるのだが、良いのだ。たまらないのだ。

 そんな私の目は、メガネフェチらしいのだが
「メガネ好きとメガネフェチの区別が付いてい無い」との事。
とは言え、当の本人である私自身は、其れを認めてい無い。
 むしろ「メガネフェチでは無い」と思っている。




 ただ、私にとって

 「その人は綺麗だから」好きなのである。

 そして、私にとって、

 「メガネが似合うから」さらに好きなのである。

 それだけの事なのである。






 皆さんは、ある二つを見せられて。
どちらが好きか?そう、問われた事は無いだろうか?

 私は問われた。
目の前にはメガネの似合わないが、綺麗な彼女、
そして、メガネが良く似合うが微妙な顔の店員。
2枚のカードを目の前にして「どっちが好き?」と



 無論、夜中に見た彼女の「部屋着とその下着」と店員の「白いブラウスと黒い下着」ならば、考える必要すらない。ただ、面と向かって口に出すとなると難しいのだが、、、



 私は悩んだ。
向かって左のカード、限り無く無いに等しい乳。さらには陥没だ。
これは、垂れるのか?
向かって正面のカード、限り無く左右バランスの良い乳。さらには絶妙な鎖骨ホクロ。
これは、挟めるのか?


しばらく悩んだ。・・・私は貧乳派だ、さらに鎖骨ホクロが好きだ。


 私は店員に聞こえ無い様、小声で答えた。
左のカードを指し「貧乳愛してる。」と
正面のカードを指し「鎖骨ホクロ愛してる。」と


 しばらくすると、奥の方から
二人のメガネをかけた店員が現れた。
また、目の前に二つのカードがやってきた。


 私は答えた。
 「あっちのが好き」と、


 髪の毛一つ許さないだろう反応で横に居た彼女が私の頭を叩いた。
明らかに機嫌の悪くなっている彼女に対して苦笑いをする店員を確認して家路に着いた。
スポンサーサイト
TOP
この記事に対するコメント

コメント有難うございます。女も男も色気が大事。いつまでも。
【2006/05/23 14:10】 URL | おじさん #- [ 編集]

to;おじさん
ダイジダイジです。
課長はママンの電話より会議を大事にしてください。

【2006/05/23 18:44】 URL | D #yl2HcnkM [ 編集]


たくさんのフェチをお持ちですねw
【2006/05/24 23:18】 URL | 杓文字 #mQop/nM. [ 編集]

to;杓文字
愛故にです。
そして、フェチも愛も多いほうが好ましい物です。
【2006/05/25 12:26】 URL | D #yl2HcnkM [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://doubtreal.blog64.fc2.com/tb.php/22-1f814c81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。