Dの鳥篭
(c) since 2006.04 , D'cell - All rights reserved.
profile

doubt

Author:doubt
class;a resident D'cell
age;20~25
sex;man

calendar

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

new tips

最新記事

new comments

最新コメント

site map

サイトマップ

D's career

月間アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

mail to D

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人Dにメール

search in weblog

ブログ内検索

variety corner



バラエティコーナー

links

このブログをリンクに追加する

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
エビ喰らい@25cmCube
 以前、投下した、、、

 生体が数匹、数種、居るのだが、、、


 2、3週間前だろうか?三月中旬。
ゼブラシュリンプを投下した処から
生体の状況をフロー形式にて経過を綴る。



 ①ゼブラシュリンプ*5を投下
        ↓
 ②水草トリミング実施<適当量のカリウム極少量添加開始
    25cmc090401_04.jpg

        ↓
 ③ブラックモーリー出産*4
        ↓
 ④ブラックモーリー(親)死亡>細菌による腹水にて胸部圧迫死と思われる
        ↓
 ⑤レッドチェリー*2投下
        ↓
 ⑥ブラックモーリー(稚魚*<2+1>)喰われる
        ↓
 ⑦ブラックモーリー(稚魚*1)一時隔離
        ↓
 ⑧ゴールデンチェリー*2投下
        ↓
 ⑨レッドチェリー*1死亡(背骨奇形固体)
        ↓
 ⑩ゼブラシュリンプ失踪
        ↓
 ⑪ゼブラシュリンプ失踪原因判明(食害)>放置(残1匹)
        ↓
 ⑫ペンシルフィッシュ*3投下
    25cmc090401_01.jpg

        ↓
 ⑬ブラックモーリー(稚魚*1)隔離解除
    25cmc090401_03.jpg

        ↓
 ⑭ダパジョスドワーフニムファ(赤)撤去<スペース的な問題による
        ↓
 ⑮現状
    25cmc090401_05.jpg




 生体、水草、共に安定に向かってきているが、
ウォーターローンに対する食害(収穫するかの様なブッコ抜き)が気になる。
今回、水槽内に植草した水草に対して、
二酸化炭素の添加は必ずしも必要では無いと判断できる。
 ゼブラシュリンプに対する食外も気にはなるが、
エビ類は、野生下に措いては基本的に餌である為、
今後、より安価なミナミヌマエビに移行させるか検討。



■タンク
25CmCUBE
■フィルタ
エデニックジョルトV2
■底庄
A&FSOIL(厚さ150~350mm程度)
■照明
ルミノ24W
■ヒータ
エヴァリス50w
■生体
ブラックモーリー(稚魚*1)
オトシンクルス*2
ゼブラシュリンプ*1
レッドチェリーバルブ*1
ゴールデンバルブ*2
ペンシルフィッシュ*3

クリプトコリネ・ベケッチー
クリプトコリネ・スピラリス
タイニムファ
ウォーターローン

■備考
エアレーション極少量有






      
スポンサーサイト

テーマ:aqua - ジャンル:小説・文学

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。