Dの鳥篭
(c) since 2006.04 , D'cell - All rights reserved.
profile

doubt

Author:doubt
class;a resident D'cell
age;20~25
sex;man

calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

new tips

最新記事

new comments

最新コメント

site map

サイトマップ

D's career

月間アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

mail to D

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人Dにメール

search in weblog

ブログ内検索

variety corner



バラエティコーナー

links

このブログをリンクに追加する

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
立ち上げ02@25cmCUBE
 構想は決まった、、、
 構想は"シンプル"で決まった訳だが、

 さて、具体的にどうしたものか、、、







 シンプルな水槽。

 フィルタへの給水口、排水口は隠すべきで在る。
すると、浮かぶのは、底面と外部の直結式か?むしろ換水のみで逝くか?
日淡でヒータ無しで逝くか?最悪、生体無しでも良いか?ベアタンクで行くか?

 極みは、水オンリーか?











 突き詰めると、、、水槽は空に成るらしい。新しい発見で在る。

 取り敢えず、"届いた物は全部使う"と言う縛りを設ける。












 ソイル。

 私は、此れを過去に扱った事が無い為、少々、探ってみた。
ネット上では稀に、ソイルにて底面濾過と言うケースを見かけるが、
私の元に届いたソイルを開封してみた処、底面は無理そうだ。

 レイアウトで隠すにせよ、少々、弄ってやる事にする。





 (徹夜で)モスマットを作りつつ、構想を固めた。






 水槽から、フィルタへの給排水は、
ソイルに埋めるような形で配置する。
ヒーターに関しては、暫定的に設置の方向で、、、













25c01

 こうなった。

 真上からの視点、

 中央付近の黄色い物体は、
ソイルの下を、這うように配管し、
プリンカップ的な物に、砂利とスプンジを併せた、
自作のプレフィルタ。

 此処からフィルタへと水が送られる。

 上から石や流木やら、
何かしら設置してやれば、見えない。
理想の設置物を見つける必要は在るが、
見つけられれば、メンテナンスも楽ではないかと、思われる。



 写真向かって左手に、ヒータ。

 其の真下にフィルタからの、給水パイプが配置されている。
此れは、長方形の器をソイルに埋没させ、其の中に給水パイプが
入っている為、上から覗かない限り視界に入る事は無い。



 モスマットは使うかどうかは、決めていないが、
ぶち込んでおけば勝手に増える為、暫く放置とする。

 別の水槽から、リングろ材を2個投下し、水を循環させた。








 取り敢えず、現状を維持しながら、
レイアウト等に使えそうなものを探す事になった。

スポンサーサイト

テーマ:aqua - ジャンル:小説・文学

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。