Dの鳥篭
(c) since 2006.04 , D'cell - All rights reserved.
profile

doubt

Author:doubt
class;a resident D'cell
age;20~25
sex;man

calendar

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

new tips

最新記事

new comments

最新コメント

site map

サイトマップ

D's career

月間アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

mail to D

名前:
メール:
件名:
本文:

管理人Dにメール

search in weblog

ブログ内検索

variety corner



バラエティコーナー

links

このブログをリンクに追加する

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
(*´д`*)ハァハァ
最近げろ忙しい
肌が荒れちゃうわ
プライベートに当てる時間が無いじゃない
スポンサーサイト
TOP
メキシカンタコス
 メキシカンタコスが歯茎に刺さった。
TOP
メガネ屋にてdiary.ver
 彼女とメガネ屋に行ってきた。


 私自身の視力は、悪くは無いが、決して良くも無い。
しかし、どちらかと言えば、良いのだ。なんとも中途半端である。
ハッキリしてい無い物事は苦手である。

 そんな私の目は、色弱であるらしく、
「赤色と茶色の区別が付いてい無い」との事。
とは言え、当の本人である私自身は其れを認めていない。
 むしろ、「色弱では無い」と思っている。




 ただ、私にとって、

「その色は赤」なのである。

 そして、私にとって、

「この色が茶」なのである。

 それだけの事なのである。




 皆さんは、ある2色の色を見せられて、
順にその二つは何色なのか?そう、問われたことは無いだろうか?

 私は問われた。
目の前に限りなく黄緑色に近い緑、そして限りなく緑に近い黄緑の
二枚のカードを目の前に差し出され。「何色に見えますか?」と。
 

無論、白と黒を見せられれば、白と黒、そう答えるだろう。
 

 私は悩んだ。
向かって左のカード、限りなく黄緑色に近い緑のカード、
これは緑なのか?黄色なのか?どっちだ、ハッキリしない。
向かって右のカード、限りなく緑色に近い黄緑のカード、
これは黄色なのか?緑なのか?どっちだ、ハッキリしない。


 しばらく悩んだ。


 私は答えた。
左のカードを指し「微妙な緑。」と
右のカードを差し「微妙な黄緑。」と


 しばらくして、また二つのカードをもって来た。


 そしてまた私の目の前に二枚のカードが並んだ。
微妙な茶色と微妙な赤の二枚だ。そしてまた私は問われた。

 私は答えた
「こっちが好き」と。


 髪の毛の一つ許さないだろう反応で横にいた彼女が私の頭を叩いた。
そして店員の苦笑いを確認して店を出て家路に着いた。



---------------------------------------------------------------
 以上が、周りから見た私の一日である。
しかしながら、其れと同時に、進んでいた物語があった。
---------------------------------------------------------------





[READ MORE...]
TOP
三年Body組 肉!体!!先生!!!
はい、こんにちは、肉体先生です。

「肉」と言う字は

人と人と人と人とが支えあってぇいむぁす。

ただ、支えあえばいいってもんじゃぁ無いんです。

肉のように想定の範囲内に収まっています。

「肉」の様に、一部、突き抜けた変わった方もいるわけですが、

其れは私のことです。

---と、適当な事を書いて本日は終わり。

テーマ:flow at sick blainfomation - ジャンル:小説・文学

TOP
メール設定  短編小説?
 管理人にメールを送れるようにしてみた。
それから、当たり前の話ではあるが、、、
このブログ「Dの鳥篭」は小説・文学に分類されている。
言うまでも無いが、小説では無く文学の方である。
diaryやcolumn等、このブログで方は「present by D'cell」と、
分別されているカテゴリでは、至って真面目に書く様、
心がけているせいか、他カテゴリと比較してみると
どうしても面白味がない。と、言うよりも、
其れは其れで別のものとしているため、面白く書くつもりが無い。
 長々と真面目に綴って読み返して見る。
共感されるであろう部分、興味的な部分等、コラムとしては
それほど悪くない出来ではあるのだが、、、UPする気にならない。

 変わって、同列とされる「小説」に関して。



-----------------------------------------------------------
diary等は、つまらないので続きを読む設定を試してみる。
-----------------------------------------------------------


[READ MORE...]
TOP
細かくすればいいのでは?
 最近、長年使われること無く、埃を雪の様にまとった
アコースティックギターを発狂しそうなまでにに捨ててしまいたい衝動に駆られた。

 しかし、「木製だから燃える=燃えるゴミ」という

単純、かつ明快で分かり易い理由では、木製のギターとは言え
現在の日本において、胸を張って捨てる事はでき無いらしい。

 確かに、木製ではあれ、木材以外も使用している。
この木製以外の部分が問題なのである。其処で私は、まずギターの
外観から見られる木製部分以外を取り外した。
 しかしながら、ギターには大抵、金属が埋め込まれている。
ネックを折って埋め込まれた金属部分を取り外した。
ここまでしてようやく「燃えるゴミ」となる訳であるが、、、。

 自分の住む地域で、ゴミの分別が当たり前となり、
ゴミ箱というものを全て捨ててしまった。それ以来、
ゴミはコンビニに捨てるのが当たり前になっている私に対し
更なる向かい風が襲い掛かった。


[READ MORE...]

テーマ:flow at sick blainfomation - ジャンル:小説・文学

TOP
正しい「肉」の使い方
 唐突ではあるが、、、

 私は「肉」という字にとても、必要以上に敏感である。
皆さんはどうだろうか?きっと特に、これといった入れ込みもあるまいが、
あえて世の人々に伝えたいことがある。是非聞いていただきたい。


[READ MORE...]

テーマ:flow at sick blainfomation - ジャンル:小説・文学

TOP
低コストで効率的で画期的な日記について
久々に日記を書く訳だが、日記は日記でdiaryにつけるとして、
此処では、その画期的な書き方について触れてみる。
 

[READ MORE...]

テーマ:flow at sick blainfomation - ジャンル:小説・文学

TOP
最凶コラボ
 先日、私は深夜に、考えられるコラボレーションの中で
最も凶悪といえるであろうものを体験させられた。


[READ MORE...]

テーマ:flow at sick blainfomation - ジャンル:小説・文学

TOP
アリエナイ
※警告 旧病み仮想は完全に消去されたので今作は、原作とは大幅にリメイクされてしまいました。

 まず、下の人物を見てもらいたい。
念のため、偽名を使い、画像に処理を加え、本人の個人情報を保護させていただくことを深く申し訳なく思う。この上なく、申し訳ない。

 そしてこれから、彼のとある悩みを解決してやることにした。
これを読んでいただいている方がいたのならば、どうか共に力になってやって欲しい。


















 

 




[READ MORE...]

テーマ:flow at sick blainfomation - ジャンル:小説・文学

TOP
運の測り方
    皆さんは、「運」というものをどうお考えだろうか?

 ある事象に出くわし、それによって、運が良い。又は、運が悪い。漠然とそう思ったことがある人は多く居る事だろう。しかし、「運」というものとは一体何なのだ?そう考えたことの無い方も多く居るだろう。
「運の測り方」の前に、以下にて「運」について少々述べるとする。


[READ MORE...]

テーマ:flow at sick blainfomation - ジャンル:小説・文学

TOP
ゴールデンウィーク真っ只中であるが、
本日も、明日も、明後日も仕事である。
 実に、不快だ、この上なく不快だ。
休日出勤でのこのこ出てきたえらいさんは言った

 「安月給でこき使われてたまらんわ」

 それより安い月給で、
カレンダーの赤い日すら関係なく働く我等はなんと?
 それなりの給料をもらっているのだから、それなりの
責任を果たしなさい。そしてトラブルを下請けの会社に擦り付けるな。

 
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。